リネットという宅配クリーニングサービスを使うと、自宅から出ることなく簡単にクリーニングができる。
リネットを実際に利用したときの備忘録。

はじめに

クリーニングを利用するのは、年一回ダウンジャケットを出すだけ。
そのくらいの頻度なので、値段や品質よりも、なるべく楽にクリーニングを完了したい。
自宅から出ることなく、クリーニングを完了できる宅配クリーニングを利用している。

宅配クリーニングしてみた

宅配クリーニングサービスはいくつかあるが、HPが一番まともだったリネットを利用することにした。
他の宅配クリーニングサービスは利用したことがないので、比較はしていない。

リネットとは

リネットとは、Webやアプリから注文し、服を詰めて渡すだけ。
当日集荷・全国対応OK
会員数45万人を突破した店舗と変わらない価格で自宅にいたまま利用できる最大手の宅配クリーニンサービスです。

宅配クリーニングの流れ

1. 申し込む

クリーニングは宅配でらくちん♪「リネット」
初回は送料無料なのでお得に利用できる。
初回以降でも、利用金額によっては往復送料が無料になる。

クリーニング料金は、料金シュミレーターで簡単に計算できるが、実際のクリーニング料金は服を送って検品されるまで確定しない
少量で数回しか利用したことないが、シュミレーターの料金と乖離することはなかった。

預ける日/受取り日
通常会員だと受取り日は一週間後以降になる。

オプション
使ったことない。

その他ご要望
そのまま保管したいので不織布カバーを付けている。便利。

申込みが完了すると、リネットから「【リネット】お申込ありがとうございます」というメールが届く。

2. 集荷する

初回はリネットの集荷袋がないので、適当なダンボールに梱包する。
発送伝票はいつも持ってきてくれる。

発送してリネットの倉庫に到着すると、リネットから「【リネット】お洋服をお預かりいたしました」というメールが届く。
この時点はまだ料金は確定しないが、キャンセルはできなくなる。

3. 検品・クリーニングされる

倉庫に到着して検品が終わると、リネットから「【リネット】お届け日とクリーニング料金について」というメールが届く。
このタイミングでクリーニング料金が確定する。

4. 受け取る

クリーニングが完了して発送されると、リネットから「【リネット】お届け予定日のご案内」というメールが届く。
注文時に指定した受取り日に合わせて発送されるはず。

受取った箱に、集荷袋が同梱されているので、次回からはその集荷袋を使って発送できる。
集荷袋を一年間保管するのはコストだが…

おわりに

あたりまえだが、実店舗のクリーニングとクオリティは変わらない。
近所にクリーニング店はあっても、足を運ぶのがめんどうだし、料金体系もわかりづらいし、受付の人と会話しなくちゃいけないのが何より嫌なので、リネットには助けられている。

どの宅配クリーニングを使うかで迷っているなら、リネットにしておけば間違いない。