最初にレバテックの面談に行ってから、契約して現在に至るまでにあったことなどを、体験談としてまとめてみました。
レバテックの評判が気になる方や、ITフリーランスを目指す方は是非参考にしてみてください。

はじめに

レバテックフリーランスと契約して1年以上が経過しました。
最初にレバテックの面談に行ってから、現在に至るまでを(思い出しながら)振り返って、体験談としてご紹介したいと思います。
レバテックの評判が気になる方や、ITフリーランスを目指す方の参考になれば幸いです。

体験談

レバテックと契約する以前は、EC系の業務効率化ソフトウェアを開発している会社でWebエンジニアをしていました。

スキルアップをしたくて転職しようか悩んでいましたが、まずは自分のスキルセットでも転職可能かを判断しようと思い立ち、エージェント会社に面談に行ったのが始まりになります。

レバテックで面談する

レバテックの面談に行ったのは、2020年の1月頃でした。
とりあえず、当時の勤務地から一番近くて、有名なレバテックに面談に行ってみることにしました。
Webから申し込みをしたら、面談の予約まで完了したので、仕事終わりに話だけは聞いてやるぜという軽い気持ちでした。
エントリーシートの記入が必要だった気がしますが、結構ざっくりとした記入で済ませたと思います。

面談は話を聞くだけでも大丈夫

この時点では、転職すると決めていたわけではなかったので、事前にそのように伝えましたが、面談は話を聞くだけでも問題ないとのことでした。

面談をしたのがだいぶ前なので、正直、内容はとくに覚えてないです…!
転職するにあたって気になっていたことは全部質問して、自分のスキルセットでも転職できそうなのと、単価がどれくらいになりそうなのか、ということが確認できたのは覚えています。
ただ、転職をすぐに決意できるような情報はなかったので、何も決めずに書類だけ頂いて帰ったと思います。
頂いた書類の中に、紹介できそうな案件のリストがあったので、より具体的に転職について考えれるようになりました。
お金をとられるわけではないし、転職の判断材料を得ることができたので、面談に行って良かったのは間違いないです。

レバテックは事務的

面談を通して、親身になってくれるというよりは、だいぶサバサバしているなという印象を受けました。
もちろん、面談相手によるとは思いますが、こちらに興味を持って接してくれる感じではなく、事務的にマニュアルをこなしているようでした。
個人的には、そういった対応の方が楽なので助かりましたが…!

MidWorksで面談する

一社だけでは不安だったので、数日後に続けて別のエージェント会社にも面談に行ってみることにしました。
渋谷駅からはちょっと遠いですが、歩いていける範囲というだけでMidWorksを選びました。
こちらもWebから登録をしたら、面談の予約まで完了したと思います。

面談は話を聞くだけでも大丈夫

MidWorksも、面談は話を聞くだけでも問題ないとのことでした。
僕が行った当時は、レバテックと違って親近感のあるスタートアップって感じのオフィスでした。
面談の内容はあまり覚えてないですが、レバテックとあまり変わらなかったと思います。
レバテックと違っていたのは、何故か面談が複数回あったのと、なぜ転職したいか、将来どうなりたいかなど、そういった部分まで聞かれたところです。
あと、質問しなかったのもありますが、どのような案件があるかは最後までわからなかったです。

MidWorksは親身

個人の感想ですが、MidWorksはエージェントの距離感が近いように感じました。
こちらに興味を持ってくれて、親身になって、将来の目標に向けて一緒に頑張ろう的なノリでした。
僕には合わなかったですが、エージェントに人生相談までしたい人はMidWorksが向いてると思います。

悩んで決意する

面談に行ってからも、しばらくは転職する決意ができずに悩みました。
転職がうまくいくかわからないし、面談はめんどくさいし、働いていた会社の居心地も良かったので、スキルアップは見込めないけど、このままぬるま湯に浸かっていたいという気持ちが強かったです。
また、コロナの流行による緊急事態宣言などもあり、転職するリスクが高かったのも一因でした。

それでも、ようやく転職する決意が出来たのは、面談から半年以上経った2020年の9月頃だったと思います。
コロナが一旦は落ち着きをみせ、転職するならこれ以上先延ばしにする意味はないなと、思いつめた末の決断でした。

面談から期間があいても問題ない

レバテックのエージェントに、転職を決意した旨の連絡をすると、面談以来だったにも関わらず、とてもレスポンス良く対応して頂きました。
すでにコロナ時代だったので、改めての面談は電話でしたが、さっそく案件を探して頂けることになりました。
適当に書いていたエントリーシートも書き直して再提出しました。

しつこい営業電話や連絡はなかった

ちなみに、最初にレバテックの面談に行ってから、転職を決意して自分から連絡するまで、レバテック側からの催促などの連絡は一切ありませんでした。

案件の面談をする

レバテックフリーランスで、案件の面談までいくには以下の2パターンが一般的です。

  • レバテックプラットフォームに記載されている案件に商談希望を出す
  • エージェントから商談の連絡を受ける

レバテックプラットフォームに記載されている案件に商談希望を出す

レバテックに登録したら利用できる、レバテックプラットフォームというサイトがあります。
そこに案件リストが載っているので、気になった案件には商談希望を出すことが出来ます。
商談希望を出して、会社側から承諾されると面談に発展しますが、お断りされることもあります。
ちなみに僕の場合は、商談希望を出した案件はすべてお断りされました…。
商談希望を出すのはノーリスクなので、ダメ元で希望しておくくらいの意気込みが吉です。

エージェントから商談の連絡を受ける

おそらくエージェントの営業努力だと思いますが、商談の引き合いがあるという連絡を受けることがあります。
というか、こちらがメインかと思います。
エージェントからそのような連絡があったら、こちらが承諾すればすぐ面談にまで発展します。
もちろんお断りすることも可能で、その理由をエージェントにフィードバックすれば、該当する案件は除外してくれるようになります。
こちらが承諾するだけで面談に発展するので、商談の連絡は激アツのイベントです。
僕はLINEを登録していたので、LINEにそういった連絡が来るようになっていました。
だいたいは週1回、たまに2回という頻度で面談を受け続けることが出来ていたと思います。

面談の流れ

面談に発展した場合は、しばらくはコロナ時代なので、リモートでの面談がほとんどかと思います。
実際に会って人となりを確認したいという会社もあるので、必ずリモートという訳ではないです。
僕も一社行く予定でしたが、その前に参画が決まったので結局リモートでしか面談はしていません。
リモートの場合は、自分と、会社担当のエージェント、会社側の担当者(1~数名)で、Zoomなどを使っての面談になります。

面談内容はどの案件も大体同じで、会社紹介を受けたあとに、経歴などの自己アピールをして、質疑応答という流れでした。
自己アピールでは、箇条書きで話すことを用意しておいて、回数を重ねるごとにブラッシュアップしていきました。
時間は5~10分程度だったと思います。
質疑応答では、以下のようなことをよく聞かれました。

  • 一番難しかったこと
  • 苦労した案件
  • 開発フロー
  • 〇〇を使ったことがあるか

あと、こちらからも質問がないと、ただの阿呆か案件にまったく興味がないことになるので、案件ごとに3~5つくらいは用意するようにしていました。

面談はカジュアルで良い

何回か条件が希望とちょっと違うなと思いながら面談を受けましたが、自己アピールの練習になったし、どのような会社があるかを知れて勉強にもなりました。
なので、あまり気負わずに、とくにはじめの三社くらいは、練習だと思って割り切るのも大事です。
エージェントに、参画まで平均で何社くらい面談しているのか確認したところ、少なくて5~6社くらいだったはずです。
選ばれるだけではなく、自分も選ぶ側だということを忘れずに、リラックスして受けると楽になると思います。

面談後の流れ

面談が終わって10分くらいすると、エージェントから連絡があり、面談した案件を希望するかを問われます。
その時に、会社側の反応や温度感などのフィードバックをしてくれます。
合否の連絡は、会社側の都合によるので、すぐだったり数日後だったりします。
合格となれば正式オファーとなるので、単価などの条件に問題なければ参画を希望できます。

契約して参画する

僕の場合は五社ほど面談して、ようやく慣れてきた頃に正式オファーを頂きました。
正式オファーを頂いたときは、面談後のフィードバックで、会社側からいい反応を頂いているので、参画を希望するのであれば絶対とってきますという頼もしい感じでした。
あと何社、いつまで続くんだと不安になっていましたが、決まるときはあっさり決まるんだなと思ったのを覚えています。

正式オファー後の流れ

レバテックから、クラウドサインの契約書が送られてきますので、それにサインすれば契約完了になります。
とくにオフィスに出向いたりする必要はありませんでした。
あとは、参画に向けて、必要になりそうな知識や技術をキャッチアップしておけば準備万全です。

参画後について

リモートの場合は、出勤時と退勤時にエージェントに報告のメールを送信する必要があります。
めんどくさいので僕はもう送信してないですが…!
あとは、毎日の作業時間と作業内容を報告する作業報告というのがあります。
請求書を発行するのに必要なだけなので、月末にまとめて入力したので問題ないです。
作業報告と請求書発行はレバテックプラットフォームを使って行います。
請求書は、翌月の4日営業日の18時までに発行しないと支払いが遅れるようです。

エージェントからの連絡は全然ない

レバテックのエージェントとは、参画後すぐに電話でのフォローアップがあった以外は、契約延長のメール連絡くらいしかないです。
むしろ、たまに気になったことを問い合わせても、そのたびに知らない人に対応されるので、自分の担当者の名前すら把握できないです。
僕は全然気にならないので、どうでもいいですが、そういうのが気になる人はレバテックには向いてないかと思います。

契約を延長する

レバテックでの実績や、参画する現場によると思いますが、僕の場合は、最初の三ヶ月は単月契約でした。
月の半ばをすぎたくらいに延長の打診があり、問題なければ延長するという流れでした。
契約期間は、その後に三ヶ月になり、半年になり、という感じで増えていきました。
単価交渉もあるので、半年くらいが丁度いいかなと思っています。

単価を上げる

ある程度の実績を積めば、単価交渉して良いと思います。
希望すれば年に何回でも単価アップできると思いますが、フリーランスとして、契約期間は長いほうが収入も精神も安定するので、半年に1回が一番適した頻度ではないかなと思います。

最低でも、年一回は単価アップしよう!

自分だけではなく、すべてのフリーランスエンジニアのために、単価交渉は大切です。
レバテックなら、エージェントにメールを一通送るだけで単価アップができます。

実際に単価を上げる流れは以下の記事を参照してください。

さらに転職する…!

今のところはまだしていません。。。

おわりに

僕は、今現在もレバテックフリーランスと契約しています。
少なくとも、フリーランスを続ける限りはレバテックフリーランスにお世話になる予定です。

レバテックフリーランス以外のエージェント会社のことはわかりませんが、お互いの相性みたいなのは絶対あるので、少なくとも二社は面談に行って比較してみるのが大事かと思います。
僕の場合は、面談に行きやすいという理由だけで選んだレバテックフリーランスとMidWorksでした。
他の面談にすら行ってないエージェント会社は名前すら出しませんが、有名なところはどこも似たような感じなのではと勝手に思っています。

エージェント会社に迷ったら、業界最大手のレバテックフリーランスにしておけば間違いないかと!