先日、レバテックフリーランスと契約してから初めての単価UP交渉をしました。
希望通りの単価UPができたのか、交渉はどのようにしたのかをご紹介したいと思います。

はじめに

前提として、交渉したときの僕は以下のような属性でした。

  • 独学(スクールとかも通っていない)
  • Webエンジニア歴5年目
  • レバテックフリーランス1年目
  • 参画して10ヶ月くらい

交渉前の単価は、レバテックの記事にもあるようなエンジニア歴n年目の単価よりも下でした。
独学ということもあり、自己評価は低いので特に不満もなかったです。
単価の相場や交渉のタイミングなどわからなかったので、同条件で契約延長を繰り返していました。

フリーランスエンジニアの単価相場

https://freelance.levtech.jp/guide/detail/915/

交渉した結果

交渉と言っても、メールを1通送信しただけで、Zoomや電話すらしていません…!
そして結果は、、、

単価が約20%上昇しました!

おかげさまで、レバテックの記事にもあるようなエンジニア歴n年目の単価に近づくことができました。
メール一通であっさりと上げることができるなら、もっと早くすれば良かったというのが正直な感想です。
次回も20%くらい上げるのは難しいと思いますが、今回はひとまず大満足の結果となりました。

単価を上げる方法

僕が契約しているのはレバテックなので、レバテックでの単価UP手順をご紹介します。
単価UPまでの手順は以下の通りです。

  1. 単価UP希望を出す
  2. 担当者から連絡がある
  3. メールで回答する
  4. 結果の連絡がある

やり取りはメールのみで、Zoomや電話でのミーティングなどはありませんでした。
希望を出してから結果を受け取るまで、2営業日くらいしかなかったです。

単価UP希望を出す

まずは希望を出さないと話になりません。
エージェントが折をみて勝手に単価UP交渉してくれると思ったら大間違いです!(自戒)
希望を出すのは、単価UP交渉が成功しても、次の契約期間からの適用になるため、契約延長のタイミングがベターです。
レバテックの場合は、契約期限の2ヶ月前くらいに「契約延長のご確認」メールが来ると思います。
同条件で契約延長をする場合は、レバテックプラットフォーム上でポチポチとすれば、契約更新が完了します。
単価UP交渉する場合は、レバテックプラットフォーム上の契約延長を回答するフォームに、単価UP希望のメッセージを入力して回答します。

TODO: キャプチャ用意します。

担当者から連絡がある

早ければ当日のうちにレバテックサポートチームの方からメールがあります。
内容は、以下の項目を教えてくれというものです。

  • 希望単価
  • 希望単価に至らなかった場合の意向
  • 交渉材料

メールで回答する

希望単価は、以下のような診断を参考にして的外れでない回答をしましょう。
この診断を超えるような単価は、かなり優秀でないと難しいかもです。

フリーランスのSE・プログラマーのための単価診断・単価相場

https://freelance.levtech.jp/service/assess

希望単価に至らなかった場合の意向は、”〇〇円上がらなければ考えます”で大丈夫でした。
交渉材料は、参画してからの実績についてです。
メールには例文も書いてありますが、あまり参考にならなかった気がします。
参画するときの面接で散々自己PRはしたと思うので、同じ要領で実績を書けばよいです。
僕は850字くらいでしたが、こういったところで役立ちましたよ的なことを書きました。
具体的な数値があると説得力が増すので、日々の業務から記事にまとめたりしておくと役立ちます。

結果の連絡がある

現場によると思いますが、僕の場合は、回答したその日のうちに交渉結果のメールが来ました。
希望通りの単価で半年の契約延長でした。
たった一通のメールで、ウン百万円の契約がまとまったことになります。
確かに仲介料はとられますが、コミュ障のエンジニアにはこのお手軽さは大変ありがたいです。

おわりに

単価は自分から動かない限り絶対に上がりません!

参画先に十分貢献できたと思ったら単価UPの希望を出してみましょう。
十分貢献できてなくても、アホなふりして言ってみるのもありです。
参画して1ヶ月程度で、オンボーディングしかやってませんの状態では、単価UPは難しいと思います。

この記事が単価UP交渉の参考になれば幸いです。